カードローンを利用してお金借りる癖

年収700万円の彼と結婚します。
まず年収700万円稼ぐ実力がある事、人柄が良いという点で年収が半分の350万円の彼よりも断然魅力的です。
彼の問題点は結婚する前に、ちゃんと話し合えば、それほど大きな問題にはならないように感じます。

まず、安易に保証人にはならないで、保証人になる時は、絶対自分に一言相談してもらうという事と結婚したら小遣い制にしてもらい、お金を貸す時は自分の小遣いの範囲内で貸すというルールを作って実行してもらえばよいと思います。

年収350万の彼との生活は、生活費の面でかなり苦労すると思います。
かつ転職するしか大幅な給与の増加は望めないと思うし、今お金が足りずカードローンを利用してお金 借りる癖という事は子供ができた時などの未来が描けません。
しかもお金を借りる癖があるという他力本願な面もあり、一応返すといっても業者を利用するという所もリスクが高いです。

即日のキャッシングを利用するという発想

偶然街中でバッタリ出会って、流れで食事にでも行ったのでしょうか。
それにしても『ちょっと手持ちが少ないから下ろしてくるね』と銀行のATM機に立ち寄るならともかく、当たり前のように即日のキャッシングを利用するという発想に行き着く性格と金銭感覚が、その他の何がどれだけ素晴らしくても何もかも台無しにしています。
しかも精算の時に気付くとか…店が対応出来るかにもよりますが、そういう時はせめてクレジットカードでスマートに支払っておいて欲しいものです。

そういう相手と、今後も普通に友達付き合いは出来るでしょう。
しかし親友レベルにまでなるのはちょっと自信がありません。
普段から手持ちの資金だけで生活が出来ないから最終的にキャッシングに頼るのだと考えると、
そのうち自分が歩く即日融資のキャッシングのように扱われてお金の無心をされそうです。
少額ずつでも借金は借金。
そんな手段にたかがデートの費用レベルで簡単に手を出す人とは、深いお付き合いはしたくありません。
結婚なんて尚の事、絶対に御免ですね。キャッシングは縁がない生活を送ります。

消費者金融のカードローン審査に落ちてしまうほど

銀行カードローンはもちろん、消費者金融のカードローン審査に落ちてしまうほど、お金にだらしない人にお金を貸すという事は私には絶対あり得ないと言いたいのですが身内の場合話は少し違ってきます、知人や友人なら100%お金を貸しません、しかし身内だとお金を貸さなかった場合どうなるか結局自分が何かの形で巻き添えを食うようなきがします、しかも、消費者金融のカードローンの審査にも通らないほど相手はお金にだらしないときている、とても悩みます。一度お金を貸すときっとまた貸してと言われるでしょう始めのうちはきちんと返してくれてもそのうち返してくれないということも起きるでしょう、もしパートナーが相手なら別れを考えるかもしれませんお金を貸しても貸さなくても結果は恐ろしい方向に転びそうです。親兄弟ならば様子を見ながら少しずつ貸して返済がない場合は貸せないと始めから決めておきます、消費者金融のカードローンなど、金利の高いとこからお金を借りないように何か手を考えながら、食料などで援助をしていくと思います。

レイクで借り入れた理由

まず、レイクで借り入れた理由を聞きます。なぜレイクのカードローンでキャッシングを行ったのか?
納得できる、仕方がない事情、例えば病気の治療でかなりの額が必要だった等の場合はまず服や宝飾品、家財といった、お金になるものが実家にないかを探し、売れるものは売ってレイクへ返済できるようにします。
それでも足りない場合は私達でできる範囲であれば不足分を支払い、二度とレイクのカードローンを組むのは禁止させます。
そして家計状況をくまなくチェックし、できる範囲で月々決まった額を返済してもらいます。
方法は、手渡しは信用できないので家族の口座から給与や年金が入る日に合わせて引き落とし、私の名義の積金で返済してもらうようにします。
そして困った時は勝手にローンを組まず、一番に相談してもらうようにします。

ギャンブルであるとか遊興費に使うといった納得のいかない理由の場合は、上記と同じように売れるものは売って返済をし、それでも無理な場合は行政等に相談します。
最悪は破産になるかもしれませんが仕方がありません。
縁を切るというのも視野に入れて話をします。

最近のカードローンは在籍確認の電話なしで申し込めるので

他の人にお金を借りることだけは絶対にしたくないので、自分でなんとか稼ぎます。
すぐにでも仕事を探して、正社員じゃなくても派遣でもいいから決めます。しかし働いていない両親にカードローンの契約なんてよくできたもんだ。
最近のカードローンは在籍確認の電話なしで申し込めるので虚偽でキャッシングしたのか?
今までの経験上、派遣でも年収300万くらいはいけます。
毎月10万円貯金すれば、1年で120万、3年で360万です。
ただ、年収300万で、月10万の貯金はちょっと苦しいです。
切り詰めれば無理ではないのでしょうが。

食費・光熱費・交際費・服飾費など、あらゆるものを節約しなくてはいけません。
食費はなるべく自炊して安く済ませ、節電し、しばらくの間は飲みに行くのも控えめにします。
服や化粧品代などはあまり削りたくないのですが、この際仕方ありません。

足りない分は、夜に飲食店でバイトをするか、休日限定のバイトをするかですね。
すきま時間にはアフェリエイトなどインターネットビジネスの副業も考えます。

審査に通りやすいキャッシングだと消費者金融なのか?

結婚を目前に、キャッシングの借金が発覚したということは、それなりの付き合い期間があって、お互いの愛情もあって、そのうえでキャッシングの借金があることを隠していたということを考えると、あまりに金額が大きく、言えなかったのかもしれない、というのが一番に思った。審査に通りやすいキャッシングだと消費者金融なのか?ということは金利が高いキャッシングですよね。
どういう理由でできたキャッシングの借金なのかを問いただし、様子を見たい。
理由によっては返済が終わるまで結婚を待つかもしれない。
返済意志があるのか、またどのように返済していくつもりなのか、相手の気持ちと行動を確認する。
本人の意思がしっかりとしていて、先の見通しがつきそうならば、金銭面以外のサポートをしたい、と考えるかもしれない。
借金の理由があいまいだったり、返済の意思も見えない、計画もない様子であれば、速攻お別れしたい。
借金の理由によるところが大きな問題だと思う。
同情の余地があるのかどうか。それだけです。

消費者金融でさえ、利子が高いので

借金、借金と一言で言っても、いろいろとありますよね。
銀行ローンや、カードローン、消費者金融や、自分が掛けている保険などからの契約者貸付、知り合いからの信用借り、などなどです。
さまざまある借金方法の中でもヤミ金にだけは手を出してはいけないと、思います。
少しだけなら、なんて軽い気持ちで借りるような場所ではありません。
消費者金融でさえ、利子が高いので元金を返すことには苦労すると聞きます。
いくら返しても残額が減っている気がしないと、よく耳にします。
それなのに、ヤミ金などで借金をしようものなら、利息はどれだけのものか考えるだけでも怖いです。
少しだけ、のつもりだったのにきっと知らない間に残額が膨れ上がっていくに違いありません。
返さない時の取り立てにしても、映画やドラマの見過ぎとも言えないと思います、返すまでは手段を選ばないというイメージがあります。
ヤミ金にまで手を出すことは破滅への道だと思います。
それならば、そうする前に他にも手の打ちようはあるはずです。
ヤミ金で借りようとまで追い込まれているなら死ぬ気で何か他の手段を考えるべきです。
ヤミ金でお金を借りようと思っている人、どうか思いとどまってください。

お金を返したくても、返せない状況があるのかもしれないと思う

まずお金を借金しているのにも関わらず、最初から、返す気など全くなく、返済しない人は、いい加減な人だと思います。
絶対にそのような図々しい人には、お金を貸す気はありません。
しかし、会社が倒産したり、リストラされたり、人生には、不意に不運に見舞われてしまうということがあります。
そのような不幸な状況で、日々の食べるものさえままならずに、お金を借りてしまって、まだ、返済の目処が立たないという状況であれば、しょうがないことだと思います。
状況的に、お金を返す余裕のない人が借りたお金を返せないというのは、当たり前だと思うのです。
お金を借りた人が、お金を返せるような状況になるのを、遠くから身守りたいという気持ちになります。
お金を返せない状況の人には同情心しか沸きません。
寧ろ、生活に困るような人を助けられない日本の制度のほうに腹が立ちます。
先進国で、こんなに弱者の手当てがないのは、日本くらいなのではないかと疑っています。